■70代 男性
CT画像です。
この患者様は、右上の顎がピリピリするとのことでいらっしゃいました。
過去にも同じ症状で歯科医院を受診されたようでしたが、問題ないとのことで、様子を見られている状況であったようです。
当医院にてCTを撮影したところ、右上の顎に、鶏の玉くらいの大きさの膿の袋が認められ、症状の原因が判明いたしました。
検査の結果、術後性上顎嚢胞(じゅつごせいじょうがくのうほう)という疾患でありましたので、治療を行い、症状は消失しております。 2次元のレントゲン写真には映らない疾患もございますので、その際はCTによる3次元的検査も必要です。
たまたま、歯科医院で発見される、頭頸部領域の疾患は多くございます。日本口腔外科学会・学会認定医の当医院までご相談ください。