痛みがある・出血がある

痛みがある場合の原因としては、主に虫歯が考えられます。歯ぐきなどの出血の原因としては、歯肉炎から進行した重度の歯周病が考えられます。他にも、痛みの原因は、虫歯だけではなく、さまざまな原因が考えられます。また、歯に強い衝撃が加わったり、転倒などの事故の場合は、すぐに受診をおすすめいたします。

痛みがある・出血がある原因は?

  • 歯周病

    歯周病は歯と歯肉間の溝に付着した歯垢中の細菌によっておこる感染症です。 歯垢中の細菌により歯肉に炎症(出血・腫れ)を起こし、その後歯を支えている骨(歯槽骨) を吸収させる病気です。
    35歳で80%以上の人が歯周病といわれていますが、35歳になって突然歯周病になる訳ではなく、15歳位から発症し少しずつ進行していきます。 ゆっくりと進行するため初期ではほとんど自覚症状がありません。口臭、歯肉からの出血、歯肉の腫れ、痛みなどの自覚症状がある時はすでに進行している状態かもしれません。

  • 親知らず

    虫歯でないのに痛むのは、特に親知らずが歯肉を押し分けて出てくる時に、歯の上にある歯肉が、上のアゴの歯に噛まれて傷ついたり、また歯の周りに汚れがたまっていたりすると、細菌感染により炎症を起こし、口が開かなくなったり、熱が出たりして痛むようになります。

  • 虫歯

    毎日の食事や細菌によってプラークが形成され、そこから生じる酸によって歯が溶かされてることにより虫歯がはじまります。

  • 歯の破折

    歯を失う原因の約1割が歯の破折です。歯髄をとってある歯は要注意が必要です。他医院で抜歯の診断がなされた歯でも、当医院では、破折歯に対して様々な手段を講じ、保存することが可能です。

痛みがある・出血でお困りの方は、症例無料相談へお問い合わせください。