歯ぐきが下がる 後退してきた

歯茎が下がる、後退する原因は、歯茎を支えている骨の吸収です。もちろん、正常ではりません。放置しておくと、歯が抜け落ちてしまいます、早めに歯科医院を受診しましょう。

歯ぐきが下がる 後退する原因は?

  • 壊死性歯肉炎

    既往のない方でも、ある種の口腔内細菌が急激に増加する事で壊死性歯肉炎が発症します。
    強い口臭、疼痛を伴います。進行すると、歯だけでなく、骨まで無くなってしまいます。
    治療により完治します。早期発見・治療が重要です。

  • 歯周病

    歯周病は歯と歯肉間の溝に付着した歯垢中の細菌によっておこる感染症です。 歯垢中の細菌により歯肉に炎症(出血・腫れ)を起こし、その後歯を支えている骨(歯槽骨) を吸収させる病気です。
    35歳で80%以上の人が歯周病といわれていますが、35歳になって突然歯周病になる訳ではなく、15歳位から発症し少しずつ進行していきます。 ゆっくりと進行するため初期ではほとんど自覚症状がありません。口臭、歯肉からの出血、歯肉の腫れ、痛みなどの自覚症状がある時はすでに進行している状態かもしれません。

  • 歯の負担荷重

    個々の歯には荷重をかけていい値が決まっております。その値を超えた力がかかり続けると、歯が折れたり、歯を支えている周りの骨が溶けて無くなってしまいます。そうなる前に、しみる、噛むと痛い、物がはさまりやすくなった、など前駆症状が出てまいります。歯が揺れて、抜け落ちてしまう前に、わずかな変化があれば、歯科医院を受診しましょう。

歯ぐきが下がる 後退してきたでお困りの方は、症例無料相談へお問い合わせください。